東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

【未払賃金の時効】未払賃金の時効が3年へ

従業員が未払い残業代を請求できる期間が今までは過去2年でしたが、
これが労基法改正により「3年」となりました。

2020年4月から発生するものについては、3年となります。
ですので、2020年3月までに発生したものについては、今まで通り2年まで遡れるとなります。 
 
つまり、これからはさらに未払い賃金がないように
会社としては気を付けておくことが必要となります。
 
具体的には
・残業代の計算式が正しいか
・1か月の所定労働時間の平均は正しいか
・勤怠システムの打刻は適正に行われているか
・掃除時間や朝礼時間を労働時間から除外していないか

などを気を付けて行くこととなります。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

代表コラム

近年、外国の方の雇用が増えています。 ニュースでは来年2019年4月からあらたな在留資格を新設することを検討しているとのことです。 それでは外国人を雇う際の注意ポイントを見ていきましょう。 外国人の就労ビザに関して まず…

代表コラム

外国の方を雇い入れる際には必ず在留資格を確認し、不法就労になっていないか確認をしましょう。 また、万が一会社が不法就労をさせてしまった場合、一体どのような処分が下されるのでしょうか。 会社が不法就労させたら? 会社が不法…

代表コラム

先日、花王の工場で有機溶剤を扱っていた元社員の方が、環境が原因で化学物質過敏症になり退職を余儀なくされたとして、会社に4700万円の損害賠償を求めていた訴訟で、東京地裁は、症状と業務の因果関係を認めました。 そして会社に…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.