東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

働き方改革って企業にどんな影響が出るの?

働き方改革が世間を騒がしていますが、実際に企業に対してはどんな影響が出るのでしょうか?
詳しく調べてみることにしましょう。

働き方改革の調査結果

ある働き方改革の調査が実施され、働き方改革の認知度は95%で多くの社長が知っている結果となっているそうです。
多くの社長が関心を持っている結果となっています。
さらに5割の企業が働き方改革法案で経営に支障が出ると回答をしています。
それではどのような部分に影響が出ると感じているのでしょうか?
社長が気になっている部分は主に「時間外労働の上限規制」「年次有給取得の義務化」「同一労働同一賃金の義務化」という結果になりました。

企業に影響が出ると考えられる3つの法案とは?
前述した「時間外労働の上限規制」「年次有給取得の義務化」「同一労働同一賃金の義務化」について考えていきましょう。

時間外労働の上限規制とは?

これまでは残業を延長しようと思えば、従業員にいつまでも残業をさせることができました。
そうした状況から政府は罰則付きの残業時間の規制を導入することになっております。
残業時間は月45時間、年360時間を原則とするが、年720時間まで延長が可能とされることになります。
そしてこの上限を守れない企業は罰則が与えられることになります。
そして企業が心配していることは、残業規制があることでサービス残業の増加などを懸念しています。

年次有給取得の義務化

次に有給の義務化ですが、年10日の有給を得ている従業員に対して会社は5日分は有給休暇を取得させなくてはいけないというものです。
有給は本来労働者の権利であったものの、日本は先進国の中で比べても有給取得率が著しく低い状況が続いていました。
こうした状況を改善するために、今回の有給取得義務化を労働基準法に盛り込むことが決まりました。
有給義務化に関しては、企業としてはただでさえ人手不足の中、無理やり休みになってしまうと、結果一人あたりの従業員の労働時間が増えて賃金総額が上がることを懸念しています。
人件費が上がり、会社の利益を圧迫すると感じています。

「同一労働同一賃金の義務化」

同一労働同一賃金の義務化に関しては、正社員と非正社員の不合理な待遇差を解消するために行われます。
仕事などが同じなら待遇も同じにするもので、正社員と非正社員で区別してはいけないというものです。
企業からすると、単純な賃金の上昇が考えられます。
有給取得義務化と同様に会社の利益を圧迫してしまうのではないかと感じています。

企業が取るべき方法とは?

働き方改革に関してはプラスの側面とマイナスな側面があるかと思います。
プラスもマイナスもしっかりと検討して会社経営に生かしていくとよいでしょう。

働き方改革プラスの側面

働き方改革で就業規則の見直しなどのよいきっかけになります。
また日本は他の先進国に比べて働き方が限定的になっています。
働き方改革をきっかけに多様な働き方を実現できる可能性があります。
結婚や介護などで本来退職してしまうであろう人材も社内に留めることができるかもしれません。

働き方改革マイナスの側面

前述した通り、企業側のコスト増が一番の問題になるかと思います。
また同一労働・同一賃金などは判断も難しく、社内の不満が貯まる可能性もあります。
残業時間をシステムやIT化を導入しても解消できない場合もありえますので、そういった部分でのコスト増も考えられます。

まとめ

働き方改革を進めることで、企業にはプラスの側面とマイナスの側面があります。
もちろん、就業規則の見直しなど多様な働き方を実現するきっかけにつながるかと思います。
しかしながら年次有給取得の義務化や同一労働同一賃金の義務化などの影響で会社のコスト増も考えらます。
コスト増と働き方改革推進の両方を進められるような会社体制づくりが必要になります。

関連記事

働き方改革

先日お客様から「最近とても忙しいので、就業規則を作成したいが、その過程の面談回数はできるだけ少なくしてほしい」というオーダーをいただきました。とても忙しいお客様だったのです。実は、このオーダー、120%アグリーです、とお…

働き方改革

先日働き方改革関連法案が成立しました。 長い道のりでしたが、やっと成立したのか、という印象を持たれた方もいるのではないでしょうか。 今回はこの関連法案の中でも有給休暇について見ていきます。 有給休暇って何?? そもそも、…

働き方改革

小売業舗の場合、店舗を持って接客をする人、内部で事務に携わる人と働き方が多様化されています。 特に小売業に関しては働き方改革がより一層大事になってきます。 今回は、小売業の働き方改革についてのヒントをお伝えします。 小売…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.