東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

残業時間の上限規制って結局どうなるの?

来年4月から残業時間の上限規制が思考されることになっています。
これまでは実質的に残業時間の上限が存在していなく、何時間でも残業時間を増やすことが可能でした。
今回の働き方改革で罰則付きの残業上限を導入するとされています。
詳しく調べてみることにしましょう。

残業時間の定義とは?

1日8時間かつ1週間40時間を上限として「法定労働時間」が規定されています。
この「法定労働時間」を超えた分を「法定時間外労働または残業時間」と呼びます。
会社は「法定労働時間」の中で、従業員の勤務時間を定めることができます。
就業規則や雇用契約書で従業員との労働時間を定めて、契約することになります。

残業時間の規制

今回の法改正で残業時間は月45時間、年360時間を原則とされ、最大で年720時間まで延長が可能となりました。
また繁忙期は単月で100時間未満の残業を一部認める形となりました。
そして「2~6カ月の月平均が80時間以下で、月45時間を超えるのは年6回までと規定されています。
こういった規制が大企業に対しては来年4月から始まります。
そして2020年4月には中小企業へも適用されていきます。
特に来年からは大企業が法改正に合わせて下請けや子会社に業務がたくさんふってくると考えられます。
そして中小企業に関しても早いタイミングで業務改善や長時間労働の見直しが必要になってきます。

日本の残業文化

日本の長時間労働は昔から議論されてきたのにも関わらず労働時間はなかなか減りません。
日本の残業文化は、残業させたがる会社としたがる社員という構図にあります。
会社が残業がはびこっている理由として法律的な側面が大きく影響しています。

残業に対する割増賃金率がアメリカ等に比べても安い

アメリカの割増賃金率は50%ですし、休日労働が100%割増の国もあります。

・規制がゆるい

36協定を従業員と結び、「特別条項」を付ければ、事実上青天井で残業をさせている会社が多くあります。
ですから今回の法改正で残業時間の規制と罰則が設けられることになりました。

・解雇の難しさ

日本において正社員で雇用したものを解雇することはハードルが高いです。
就業規則等に記載していても、簡単に解雇することはできません。
仕事が増えたからとすぐに採用できない状況で、のちのち仕事が減っても従業員を解雇できない状況になるので、既存の従業員に残業させてしまうことになります。

会社側の対応とは?

前述の通り、今回の法改正で残業時間規制には罰則がついているため、対応しなければ罰則があります。
またこういった働き方改革の風潮で一度ブラック企業と認知されると、採用面などにも影響が出ることが考えられます。
大手企業であれば残業時間を減らしてもうまく回る可能性もあるかもしれません。
しかし中小企業からハードルが高いと思います。
従業員が残業できないため、管理職や社長にしわ寄せがくる可能性もあります。
会社全体として、働き方改革に合わせて生産性をあげて行く必要があります。

まとめ

残業時間の上限規制が、大企業は2019年4月から、中小企業が2020年4月からスタートします。
今回の法改正は、罰則も設けられており企業は対応をする必要があります。
もちろん明日からすぐに残業時間を減らすことはできません。
しっかりと法改正に合わせて、会社全体として生産性をあげて対応していくとよいでしょう。

関連記事

働き方改革

ブラック企業という言葉が一般化しています。 あなたの会社は大丈夫でしょうか? 一度ブラック企業と認定されてしまうと、採用などにも影響が出てきます。 また知らず知らずブラック企業と呼ばれている可能性もあります。 今回は知ら…

働き方改革

小売業舗の場合、店舗を持って接客をする人、内部で事務に携わる人と働き方が多様化されています。 特に小売業に関しては働き方改革がより一層大事になってきます。 今回は、小売業の働き方改革についてのヒントをお伝えします。 小売…

働き方改革

先日お客様から「最近とても忙しいので、就業規則を作成したいが、その過程の面談回数はできるだけ少なくしてほしい」というオーダーをいただきました。とても忙しいお客様だったのです。実は、このオーダー、120%アグリーです、とお…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.