東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

働き方改革から学ぶ!どこまで労働時間なの?残業編

働き方改革が進む中で、従業員との取り決めで大事になってくるのが残業代かと思います。
雇用契約書や就業規則などの条件からすると、本来は従業員に対して残業代を支払うべきことに対しては、支払われていないこともあるかもしれません。
今回は労働時間について考えてみましょう。

そもそも労働時間ってどれくらいなの?

労働基準法は

第32条 第1項 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時を超えて労働させてはならない。 第2項 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日ついて8時間を超えて、労働させてはならない。

と規定されています。
それを超えた時間は残業として扱われます。

どこまで労働時間に含まれるの?

どこまで労働時間に含まれているのかが重要になります。
一般的には「労働者が実際に労働に従事している時間以外にも労働者が使用者の指揮命令下に置かれているものと評価される時間」と定義されています。
それでは「使用者の指揮命令下に置かれている時間」とはどうような時間のことでしょうか?
たとえば
昼の休憩時間に電話番をさせられる
ご飯を食べていたら呼び戻される
就業時間後に研修を受ける

基本的には労働者が自由に時間を使えるかが労働時間に含まれるかがポイントになります。
上記のようなケースでは、労働時間に含まれると判断される可能性が高いです。

管理職の残業代ってどうなるの?

管理職になると残業代が付かないのは、場合によっては間違っていることがあります。
労働基準法41条2号に該当する「管理監督者」は、労働時間や休憩時間などは関係がなく、残業代を支払わなくても良いとされています。
職位や資格の名称ではなく、職務内容・責任と権限・勤務態様に着目する必要があります。
判例からとらえると、
会社の方針を決めるレベルであり、労務管理上の指揮監督が出来ること
勤務時間について裁量があること
ふさわしい賃金体系であること

が重要になります。

ですから管理職でもタイムカードなどで時間を管理されている人は残業代を請求されると払う必要があります。
管理職だと思って社員に残業代を支払っていなかったら、その社員と揉めて残業代を支払わなくてはいけなくなるケースもあります。

固定残業代についても意識が必要

固定残業代を払っている場合には、注意が必要です。
残業時間が少なくても、多くても固定の残業代を支払わなくてはいけません。
設定した固定残業時間を超えていない従業員に対しては、実際の労働時間よりも多く支払う必要があります。
また設定した固定残業時間よりも多く残業した場合には、超過分を支払う必要があります。
また残業代未払いの時効は二年になるので、二年分をさかのぼって請求される可能性がありますので、注意しましょう。

まとめ

働き方改革によって働くためのルールである就業規則を見直す必要があります。
特に残業時間に関しては従業員の長時間労働を防ぐ意味もあります。
適切な残業代を支払うことはもちろん会社の残業管理は大事になってきます。
またそもそも残業代がなくても従業員の生活がなりたつ、賃金体系を設計していかなくてはいけません。

関連記事

働き方改革

安倍首相が最重要課題と位置付けた「働き方改革」関連法は29日に参議院では賛成多数で可決されました。  働き方関連法は、 (1)罰則付きの残業時間の上限規制導入 (2)高収入の専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッシ…

働き方改革

社内に女性が多く在籍している企業では、結婚を機に退職されるケースや妊娠や出産で急に人手が足りなくなるケースも多いと思います。 特に授かり婚の場合には慌ててしまうかもしれません。 事前に社内体制は整備しておく必要があります…

働き方改革

日本の有給消化率は世界各国と比較をしても、著しく有給休暇の取得率が低い傾向にあると言われています。 2016年に行われた28ヶ国を対象とした有給休暇の取得率に関する調査でも、日本は最下位となっています。 また日本では有給…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.