東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

昼寝で働き方改革?午後の仕事を効率を上げる!

午前中は従業員がバリバリ仕事ができても、昼食後になるとパフォーマンスが落ちてしまうと感じることがありますでしょうか?
昼食後は眠気も重なり、仕事の効率が低下するときもあるかもしれません。
働き方改革などで、生産性向上を目指す会社が増えている日本でも、こういった動きはどんどん増えていくでしょう。
今回は午後からの仕事を効率化する方法について考えていきましょう。

アメリカでも昼寝が導入されている?

30%のアメリカ企業が昼寝を承認している?

アメリカでは30%の企業が昼寝を認めています。
さらに仮眠室やナップポッドと呼ばれる睡眠マシンを導入している会社もあります。
Googleでは1台8,000ドルするナップポッドを何個も導入しています。

アメリカで話題のパワーナップ?

アメリカではパワーナップと呼ばれる20分程度の昼寝が注目されています。
海兵隊のパトロール前に行うなど広く活用されています。
またアメリカのNASAの研究では、仕事効率が34%アップ、注意力が54%アップしたと言われるほどになっています。
パワーナップの方法としては、単純に昼食後の眠気を利用して行います。
寝る前にはコーヒーやお茶などカフェインをとり、20分のタイマーをかけるとよいとされています。
横になるのが1番効果的と言われていますが、リラックスできる姿勢で寝ることが一番大事です。
昼寝の時間は、30分以上眠ると深い睡眠に入ると言われているので、20分以内が望ましいと言われています。
仮に眠れなくても5分でも10分でも目をつぶって視覚情報を遮断するだけでも効果はあると言われています。

日本の会社や学校でも活用されている?

昼寝は企業だけではなく、作業効率アップのため企業などでも活用されています。

まくら株式会社の例

まくら株式会社では、おひるねタイムを20分間と設定し、お昼休み60分+お昼寝20分=合計80分の休憩時間を設定しています。
また、効率的に眠るため、おひるねタイム中のスタッフには声をかけないルールを設定しています。
まくら株式会社は、働き方改革の1つとして「おひるねタイム」を就業規則に定めて運用をしています。

明善高校の例

福岡県にある明善高校は、毎年東大合格者を輩出する進学校です。
そして、明善高校では15分の昼寝を全校で導入しています。
全生徒だけではなく、先生も含めて昼寝をしています。
実際に生徒にアンケートをとったところ、午後からの授業に集中できるという結果が出ています。
また昼寝を導入してからセンター試験の平均点もアップするなど、多くのメリットがあると感じています。

まとめ

昼寝によって従業員の効率が上がり企業にとってメリットがあることは理解できるかと思います。
20分の昼寝で仕事の効率が良くなるのであれば導入を検討してもよいのではないでしょうか?
(もちろん昼寝の時間を就業規則に規定することは忘れないようにしましょう。)
昼寝を有効活用し、従業員の生産性を向上させ、良い職場づくりをしていきましょう。

関連記事

働き方改革

働く女性が出産しやすい環境のために、産休や育休の制度があります。 今回は産休や育休について考えていきましょう。 産休・育休とは 「産休」とは厚生労働省が労働基準法で定めた休暇です。 正式には「産前・産後休業」と呼ばれてい…

働き方改革

先日働き方改革関連法が成立しました。 働き方改革関連法の成立前後で就業規則や人事評価や人事制度を変更した企業は多かったかもしれません。 今回は働き方改革におけるキャリアの考え方について調べていきましょう。 そもそも働き方…

働き方改革

働き方改革関連法が採択され、ますます働き方改革に注目がされてきています。 それに合わせて東京都で「TOKYO働き方改革宣言企業」という取り組みがあります。 色々な取り組みをすることで、奨励金や助成金が出るという内容になっ…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.