東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

残業中に中抜けして、戻りが22時を超えても、深夜割増はつけないといけないの?労務管理編

今回は深夜割増に関して考えていきましょう。
就業時間では終わらずに残業をしていて、おなかがすいたのでご飯を食べに行く、そのような光景は少し前まであったと思います。
今回は夜ご飯から戻ってきてその後残業をして22時を超えた場合、深夜割増は必要なのか、と言う点をお話していきます。

割増賃金を支払うケース

割増賃金には時間外労働に対するもののほか、休日労働に対するものと深夜業に対するものがあります。
時間外労働とは、みなさんご存知の通り、1日8時間、1週間で40時間までが労働時間とされており、これ以上の労働をさせることを時間外労働と呼びます。
休日労働とは、労働基準法で定められた法定休日(週1日又は4週を通じて4日。曜日は問いません。)に労働させることをいいます。
休日労働に対する割増賃金は、通常の賃金の3割5分以上です。
深夜業とは、午後10時から翌日午前5時までの間に労働させることをいいます。
深夜業に対する割増賃金は2割5分以上となります。
そもそも深夜に労働すると生活リズムが狂ってしまいます。
このようなイレギュラーな生活リズムによって体調を崩すこともあるということから,深夜労働は,原則としてはやはり通常勤務と異なる対応が必要になります。
ですから労働基準法は,午後10時から翌午前5時までの労働を通常とは異なる規定としています。
就業規則等にも割増賃金を記載しているケースもあります。

中抜けしてその後22時を超えても割増は必要なのか?

今回のケースは結論としては、深夜割増は必要となります。
普通の労働時間であれば、定時が9時~18時の会社だとして、1時間遅刻してきた場合始業時刻を後ろ倒しにして10時から19時まで働いてもらうことも可能です。
ですが深夜割増については、その考えが出来ず、あくまで時間で決まってしまうのです。
そのため、中抜けしてその後22時を超えても、深夜割増は発生してしまいます。
また深夜労働が時間外労働にも該当する場合にも割増が発生します。
例えば所定労働時間が午前10時から午後7時まで(休憩1時間・実働8時間)であるという場合に翌日の午前12時半まで労働したとします。
その場合には時間外労働1.25倍と深夜労働1.25倍の割増率を足す必要があります。

中抜け後の残業を減らすことが解決方法

中抜け後の残業で22時をすぎて深夜労働になってしまうケースを抱えている企業は少なくないでしょう。
一方で従業員としても終わらない仕事を抱えながらいつまでも夕飯が遅くなってしまうという状況も避けたいものです。
やはり根本的には中抜けして夕ご飯を食べに行くようなことが必要なくらいの仕事の仕方を変える必要があります。
生産性を高める方法はどのようなものがあるでしょうか?
移動時間がもっと使えないのか?不要な手順がないのか?
テンプレなどで対応できるものは無いのか?
今一度仕事の仕方を考える機会にしていただきたいものです。

関連記事

就業規則基礎知識

連日暑い日が続きます。 酷暑などの言葉はありますが、40度を超える日については指す言葉がまだないそうです。 40度以上の日を指すことは想定していないですものね。 熱中症対策をきちんとしていかないといけないと感じています。…

休日・休暇・休職関連

有給休暇の取得は、本来は労働者に当然に与えられた権利になります。 今回は有給に関して考えていきましょう。 有給休暇の条件ってなに? 6ヶ月継続勤務した人が、全労働日のうち8割以上出勤したことが条件になります。 最初の有給…

労働時間・賃金関連

今回は所定の労働時間と就業規則への労働時間の記載について考えていきましょう。 所定の労働時間って? 労働基準法第32条により、基本的に労働時間は1日8時間、1週間40時間というのが規定されます。 ただし、通常の計算方法で…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.