東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

働き方改革関連法がもたらすものとは?企業にどんな影響を与えるの?

「働き方改革関連法」が成立して、残業時間の把握や同一労働同一賃金などが盛り込まれました。
企業側は今回の法改正をどのように考えているのでしょうか?
詳しく考えていきましょう。

働き方改革関連法とは?

働き方改革関連法の主に下記のような形で改正がされています。

①働き方改革の継続的な推進
②長時間労働の改善・多様で柔軟な働き方の実現
③雇用形態にかかわらない公正な待遇
④仕事と育児介護などのバランスの取れた労働環境

上記を実現するために、「労働基準法」「労働契約法」「雇用対策法」などいくつもの法律が改正されることになります。
これらの改革をまとめて「働き方改革関連法」と呼び、2019年4月に施行されます。

具体的にいうと、
①残業時間の上限規制
②有給休暇取得の義務化
③勤務間インターバル制度
④同一労働同一賃金

上記のような部分が変更点になります。
少し詳しく見ていきましょう。

①残業時間の上限規制

残業時間の上限が月100時間、年720時間に設定され、残業時間の管理を今以上に徹底しなくてはいけません。

②有給休暇の義務化

年10日以上の有給休暇が付与される労働者について、そのうち5日間を取らせなくてはいけなくなります。
日本は従来は有給取得率が低い国で、先進国では最低水準でした。
(本来は有給は労働者の義務で就業規則の規定に関わらず必ず発生するものです。)

③勤務間インターバル制度
簡単にいうと、従業員が勤務終了から、一定の時間を休息を設けてから働かなくてはいけません。
単純に労働者の睡眠時間や健康に配慮するものです。
(勤務間インターバルには助成金もあり、就業規則の整備や社労士などの専門家のコンサルを受けるなどすると受給できます。)

④同一労働同一賃金

職務内容が正社員と同一であれば、社員とそれ以外の労働形態で扱いを変更することを禁止するものです。

企業側の本音とは

ある働き方改革関連法への調査を見てみましょう。
なんと半数の企業が働き方改革関連法では、「経営に支障が出る」と回答しています。
特に「残業時間の上限規制」や「年次有給休暇の義務化」など、労働者にメリットがあるような法案に懸念を示している企業が多い調査結果となりました。
理由としては、残業時間の上限規制や有休義務化したら生産性が下がると企業側は考えており、生産性が下がる結果、その分人員を増やす必要がある感じています。
もちろん反対意見だけではありません。
働き方改革関連法の賛成意見としては、下記のような意見もあります。
①就業規則の見直しが出来る
②働き方関連法案をきっかけに多様な働き方が実現できる
特に就業規則に関しては、一旦作成してから変更していない企業がほとんどかと思います。
働き方関連法案をきっかけに見直すきっかけにするとよいでしょう。
また多様な働き方という点でも、検討の余地があるかと思います。
特に、時短勤務やリモートワークなど色々な制度を導入するチャンスかもしれません。

まとめ

今回の法改正は、労働者や会社にとってはワークライフバランスを考えるきっかけになるかと思います。
これを機に多様な働き方を実現する機会になるかといえます。
改めて就業規則などを整備していく必要があります。
今回の法改正は労働者のメリットが多いように感じますがこれをきっかけに整備を整えるとよいかもしれません。

関連記事

働き方改革

働き方関連法案が成立して、残業時間の上限が規定されることになりました。 こういった法案が成立することで、今後はますます社内の残業規制が厳しくなることが想像されます。 しかし社員は残業時間は短くなりますが、管理職の残業時間…

働き方改革

2018年6月28日の国会で、働き方改革関連法案が可決されました。 すでに高度プロフェッショナル制度はご存知でしたでしょうか。 働き方改革関連法案は、日本で働く方すべての人の生活に直結する法案になります。 「私は関係ない…

代表コラム

2019年12月15日の雑誌「安全スタッフ」に記事が掲載されています。 労働災害になるかどうかの境界線について寄稿しました。 「出張中の宿泊施設で飲酒をした後、酩酊していたため階段で転倒して頭部を打撲。その後病院に運び込…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.