東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

起業家が抱える労務トラブルとは?いい会社にはいい社員が集まる

今回は会社と従業員の間でよくあるトラブルについて考えていきましょう。
特に残業代と賃金に関するトラブルが多いように感じます。
今回は詳しく調べていきしょう。

賃金のトラブルは残業代が一番多い?

賃金のトラブルに関しては残業代の未払いが多い印象があります。
残業代を払っていないケースは様々ありますが、特に意識せずにやっていることが問題になるケースがあります。
【従業員が勝手に家に持ち帰って仕事をしているのは、残業に含まない】
【会社の研修が就業時間後や休日にある】

このような事例に関しては、残業と見なされてしまうかもしれません。
会社からしたら些細なことかもしれませんが、こういった労働環境から整備をしていかなくてはいけません。

賃金の5原則とは?

賃金には5原則があります。

賃金は、通貨で払う
賃金は、労働者に直接払う
賃金は、全額払うこと
賃金は、毎月1回以上払うこと
賃金は、一定期日に支払うこと

賃金を支払う上で必ず守らなくてはいけない点です。
残業代については、
【何ヶ月かに1回、余裕があるときに支払いをしている】
【ボーナスで調整している】

という会社もあるかもしれませんが、賃金の5原則からは外れてしまいます。
この点もしっかり押さえておきましょう。

労働環境が悪いと….

そもそも労働環境が整備出来ていないと下記のような問題が発生します。
急な残業が多かったり、労働時間が長いため従業員が予定を立てられなくなります。
帰りが遅いため家族とギクシャクしてしまい、会社を辞めてしまうこともあるかもしれません。
また残業が多く、モチベーションも低下している可能性も高いです。
最悪のケースとして残業代未払い等で訴訟されるリスクがあります。
最近では、労基署に駆け込まれ、多額の残業代金を支払わされることもあります。

労働環境整備のメリットとは?

労働環境を整備することでいい人材を確保しやすくなります。
特に時間の制約があり、なかなか働きづらいと感じている主婦層など働きやすい環境を整備することが人材が多数応募してくる可能性があります。
また、助成金を申請する際にも、労働環境整備が必要です。
特に就業規則をきちんと作成して、運用している点やを雇用契約書(労働条件通知書)がきちんと作成されているかなどがチェックされます。

まとめ

残業代と賃金に関するトラブルが会社と従業員の間で多いように感じます。
会社としては、残業と思っていなかったのに、実際は残業だと判断されるケースもあります。
また、意図せず残業時間が長かったりすることで、労働環境が悪化してしまいます。
労働環境を整備することで、良い人材を確保することも出来ますし、就業規則を整備することで助成金も申請が可能になります。

関連記事

働き方改革

近年、多様な働き方の影響で、契約社員やパートタイマーなど非正社員として働く方が増えてきているように思います。 それでは労働条件等を明示してある就業規則はどうすればよいのでしょうか? 正社員用の就業規則と非正社員用の就業規…

働き方改革

働き方法案として、2019年から導入される残業時間の上限規制で、月45時間を超えて残業させる際に、社員の健康対策を行うように義務付けるようになる見込みです。 退社から出社まで一定の時間をあけるインターバル制度の導入などを…

働き方改革

「モーレツ社員の考え方を変えていきたい」 安倍首相のこの言葉が印象的ですが、この国会で成立する働き方改革関連法案では、年次有給休暇の5日取得を義務とする法案が今議論に上がっています。 そして企業が守らなければ企業に罰則を…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.