東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

働き方改革が経営の支障になる?企業はどう対応すればいいの?

2019年4月に施行される予定の「働き方改革関連法案」ですが、会社にどんな影響を与えるのでしょうか?
働き方改革という事で、日本の企業文化が変わっていくことが予想されます。
これにより、会社と従業員との間のルールである就業規則の見直しをする必要があります。
詳しく調べてみることにしましょう。

働き方改革関連法案の内容とは

主なところでいうと、労働時間に関する制度の変更(時間外労働の上限規制・有給義務化など)や勤務間インターバル制度の普及や同一労働同一賃金などが主にあげることができます。
企業は2019年4月1日に施行される上記法案に合わせて対応が必要となってきます。
会社側は上記法案をどのように感じているのでしょうか?

経営者の約半分が経営の支障になると回答?

経営者が下記のように感じているという調査結果が出ています。
経営者が支障を生むと考えている項目は「時間外労働の上限規制」(69%)、「年次有給休暇の取得の義務化」(56%)、「同一労働同一賃金の義務化」(46%)、「中小企業の時間外割増率猶予措置の廃止」(30%)、「勤務間インターバル制度の普及促進」(10%)などが挙がった。
・特に残業時間を規制しても、サービス残業が増えるだけでは?
・人手不足の状況なので、有給休暇で休むと他の従業員に負担が回り、コストが上がる
・同一労働同一賃金を取り入れると、労務管理費用が上がる
・社員に能力差がある職場では、同一労働同一賃金の基準を適用させると、本当に優秀な社員を守ることができない
上記のように考えています。

企業側は何を優先すべきなのか?

大きな影響が出てくるものとして、「時間外労働の上限規制」の導入です。
企業と労働者が労働基準法第36条で定められている36協定を締結することで、時間外労働を従業員に命ずることができます。
これによって従業員の長時間労働が問題となっていました。
今回はこの時間外労働時間に上限が設定され、罰則規定が追加されています。
ですから、優先して対応していかなくてはいけません。
また「時間外労働の上限規制」への対応は就業規則の改正ではなく、36協定の改定が必要になります。
また有給取得の義務化も行われます。
2019年4月から運用されることとなっています。
有休が年10日以上ある従業員には、会社が時季を定めて有休5日を取得させなくてはいけなくなります。
違反すれば罰金30万円以下が課されることになります。
主にこの2点は特に注意が必要になります。
今回の働き方改革関連法は、従業員からしたらワークライフバランスを考え、新しい働き方を考えることが出来ます
企業にとっては従来の働き方を見直し、就業規則を見直すよいきっかけになると思います。
特に就業規則には時季を指定して休暇取得をさせるという旨の規定を明記する必要があります。
また今回の改正は大企業や中小企業に関わらず、平成31年4月1日施行となります。
なるべく早いタイミングで就業規則の変更等が必要になります。

まとめ

「働き方改革関連法案」ですが、会社に色々な変化が起こると想像されます。
労働時間に関する制度の変更や勤務間インターバル制度の普及や同一労働同一賃金などを対応しなくてはいけません。
こういったことに対して、企業の半分程度が経営の支障になると感じています。
しかしながら時代の流れとして、こういったことに対応していかなくてはいけません。
会社の実情に合わせて就業規則等を修正や変更していけなくてはいけません。

関連記事

働き方改革

住友林業では、2017年4月に「勤務間インターバル制度」を導入しています。 こちらの制度は罰則規定はないですが、就業規則には記載されています。 もともと住友林業では、深夜残業が問題になっていました。 それに伴い勤務時間を…

働き方改革

「働き方改革関連法」2018年6月29日に法案が通過して、働き方改革が動き始めました。 大きな柱である同一労働同一賃金に関わる「パートタイム・有期雇用労働法」の制定と改正労働者派遣法も議論が進められています。 今回は同一…

働き方改革

働き方改革が世間を騒がしていますが、実際に企業に対してはどんな影響が出るのでしょうか? 詳しく調べてみることにしましょう。 働き方改革の調査結果 ある働き方改革の調査が実施され、働き方改革の認知度は95%で多くの社長が知…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.