東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

シニアを雇用するメリットとは?定年制が70歳に延長検討!

今回は定年制について考えていきたいと思います。

定年の年齢がまたアップする??

政府は、希望する人が70歳まで働けるように、雇用継続の義務付けの年齢について見なおす方向で検討を始めました。
労働生産年齢は減少しているため、女性や育児中の人、高齢者、障害者を含め働ける人にもっと活躍してもらおう、という趣旨からです。
高年齢者雇用安定法で65歳までの希望者の継続雇用が定められ、60~64歳の就業率は5年間で8.5ポイント上がったと言われています。
一方で65歳以上で働いていない人も4年間で140万人程度増加しています。
65~69歳にの間に働く人が増えれば、不足している労働力が増える見込みとなっています。
今後は65歳以上の高齢者を積極的に活用する企業に助成金も拡充される方向性です。

年金の受給年齢もアップする??

そして現在は年金のスタートできる年齢は60歳から70歳で選択できますが、
この受給開始年齢を70歳超も可能とすることも既に検討されています。
働きたいシニアにとっては朗報なのではないでしょうか。
もらえる時期を後ろにしておくことで、もらえる支給額を増やせば、本当に働けなくなったり、困ったときに年金を受け取ることが出来ます。
さらに一定の収入がある高齢者の年金を減らす「在職老齢年金」も見直す方向性になっています。
今は65歳以上の場合、月収と年金月額の合計が46万円を超えてしまうと、年金が減額されてしまいます。

助成金が今後増えてくる!?

シニアを活用した企業に助成される助成金について、2019年の予算案ではシニアを採用した企業への助成金として23億円が計上されました。
またシニアの賃金は現役時代に比べて割合が減る傾向がありますが、成果重視の賃金制度を導入した企業に対しての助成金は47億円の予算も計上されました。

シニアを雇用するメリットとは?

それではシニアを雇用する企業のメリットはなんでしょうか?

①即戦力の可能性

高齢者は、経験豊富なケースが多いです。
これまでのノウハウや人脈を生かして働いてもらうことがメリットになります。
企業内で新事業展開や、新商品の開発を行っている事例もあります。

②国からの援助

前述の通り、高齢者の雇用をすることで、助成金が受給出来る可能性があります。
フルタイムの方はもちろん、時短勤務の方も対象になるので企業に取って大きなメリットになります。

まとめ

労働力確保という観点で、定年制延長や高齢者雇用が進んできています。
高齢者を雇用することで、即戦力で働いてくれる可能性もあります。
また、国からの援助で助成金を受給出来る可能性も出てきます。
これを機に高齢者雇用について検討してもよいかもしれません。

関連記事

働き方改革

政府が積極的に推進している「働き方改革」によって、長時間労働の是正に動き始めています。 企業側も「36協定」の見直しや就業規則の修正など、対応に迫られています。 このように残業が削減された結果、仕事が終わらない人が増えて…

働き方改革

近年、多様な働き方の影響で、契約社員やパートタイマーなど非正社員として働く方が増えてきているように思います。 それでは労働条件等を明示してある就業規則はどうすればよいのでしょうか? 正社員用の就業規則と非正社員用の就業規…

働き方改革

フレックスタイム制度を導入すると、残業の考えがないと誤解されている方がいます。 今回はフレックスタイム制度を導入した場合の、残業の考え方についてお伝えします。 フレックスタイム制度でも残業はある フレックスタイムというの…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.