東京港区で就業規則の作成・変更をお考えなら
「ホワイト就業規則」の港国際社会保険労務士事務所

03-6883-9483
 
コラム

従業員が行う行為、就業規則に違反したらどうなるの?

就業規則にはそもそもなんの記載がされているのでしょうか?
そして就業規則に違反したらどうなるのでしょうか?
軽い気持ちで従業員としては、やっていることでも場合によっては会社としては懲戒処分できる可能性があります。
従業員としては軽い気持ちで行っていても、就業規則に違反していたり、実は法律に触れている行為もあります。
今回は詳しく調べていきましょう。

就業規則には何が記載されているの?

基本的に就業規則には従業員の賃金の支払い方法や労働条件などの社内の労働環境などについて定めた会社のルールです。
会社ルールに沿って行動することで、不要なトラブルを避けるという意味で就業規則は大事になってきます。
ルールを守らなかった場合には、厳重注意や場合によっては解雇といった罰則がつけることもできます。
就業規則に必ず記載しないといけない事項に解雇事由があります。
就業規則の中に、「こうゆうケースは解雇とします。」と具体的に記載しておく必要があるので、解雇事由は整備をしておく必要があります。
そういった際に就業規則の解雇事由にその社員の方が該当すれば問題はないかと思います。
しかし就業規則に記載がない事由で従業員を解雇する行為は無効になります。
会社としては、想定されうる解雇事由を多く記載しておくことが大事になります。
就業規則に基づいて運用していくことが大事になります。
またそもそも就業規則は従業員が10人以上の会社に作成義務になります。
ですから従業員が10人以下の会社では就業規則がない可能性があります。
しかし会社と従業員の間で問題が発生したときに基準となるのが就業規則になります。
ですから、10人未満の会社でも就業規則を作成するほうがトラブル回避出来ます。

営業マンってどこまで許されるの?

日常的に営業マンがやりそうなことは、ウソの日報を記載してしまうことです。
よくあるケースとして営業マンが「アポイントと嘘をついて、パチンコに行っていたが、得意先を回った」という噓をついてしまいました。
こういったケースはどうなるのでしょうか?
営業マンは軽い気持ちでやってしまうと、実は服務規律に違反する可能性があります。
実際には働いてないのに、給与をもらっているということになります。
さらに行ってもない場所の交通費も会社からもらうことになります。
場合によっては会社に対する詐欺に該当する可能性もあります。
最悪懲戒処分になることも仕方ないということになるかもしれません。
会社としては、懲戒処分は出来ますが、懲戒解雇は出来ない可能性があります。
懲戒解雇は相当に悪質な職務専念義務違反の場合に限られます。
対象となる従業員が初犯であり、反省している場合などは基本的には解雇することは難しいです。
またウソの日報以外にも、プライベートで切った領収書を会社に提出することも服務違反になります。
友達や彼女と行った飲み会代や喫茶店代などです。
さらに交通費のルートをごまかして、通常よりも高い電車代を使ったふりをすることも違反です。
横領や詐欺に該当することもあります。
それでは白紙の領収書などはどうなるのでしょうか?
当たり前ですが、領収書はお店側が記載するものです。
自分で白紙の領収書に勝手に記載してしまうと、文書偽造に該当する可能性があります。
さまざまな点で注意が必要になります。

関連記事

就業規則基礎知識

就業規則の周知義務? 就業規則は基本的に作成したら、周知義務が発生します。 そもそも就業規則は従業員10名以上の会社は作成が義務付けられて、就業規則を労働基準監督署に届出しなくてはいけません。 また会社は作成した就業規則…

就業規則基礎知識

近年は、うつ病などの精神疾患で休職する従業員に対する相談も多くなってきたように思います。 休職制度導入するのであれば、就業規則にあらかじめ詳細に規定することが大事になってきます。 今回は、就業規則に休職制度を規定する際の…

就業規則基礎知識

通常従業員が会社を辞める場合には、自分の業務を引き継いでから辞めると思います。 中には、引き継ぎをしないまま退職したり、業務をやりきれないまま退職して連絡がつかない従業員もいます。 そもそも引き継ぎをしないで退職する従業…

今より3倍採用できて、いつまでも人が辞めない未来企業を作りたい企業様はお問い合わせください
電話番号
メールアドレス
電話番号
メール
::MENU::
::NEWS::
::CATEGORY::
電話番号
メール
Copyright © 2018 港国際就業規則 All Rights Reserved.